買ってはいけない土地!?

土地(地面)いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?

もちろん、土地(地面)です。

良い土地をみつけるというのは、
いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。

マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。
それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

失敗は許されません!

        家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。 
     そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

不動産の営業マンが教えない秘密の話?!

不動産の商売方法に秘密良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!
インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が
簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。
よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。

「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。 「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】 「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

いい物件は、なかなかオープンにならないとにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは
当然「両手の商売」なのです。

ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている
物件をお客さんのために提案するということが難しいのです。 

また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 

そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

私共は家を建てるプロもちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。

土地探しからお手伝い

img01.jpg家づくりは一生に一度の大きな買い物です。

そこで慎重にならなければいけないのが土地さがしです。

というのも、どんな土地を選ぶかにより、その上に立つ家の規模は
もちろん、快適性、安全性、耐久性などに大きな影響を与えます。

自分がどんな生活をしたいかを考えたら、土地と建物を一体のものとして
考えなければ満足できる家づくりは実現しません。

土地探しの第一歩は、自分たちがどのような土地に住みたいか?
ライフスタイルや住環境などの要件をチェックすることです。

広さ、価格、学校、公共施設、交通の便、道路の幅、防犯など。土地探しの要件はたくさんありますが、
これらのひとつ、ひとつの項目を自分たちがどのように捉えているのか、どのような優先順位となっているかを評価する作業から始めましょう。

(有)小寺工務店が可能にする土地活用アイデア

totisagasi.jpg不動産屋さんが土地を紹介する場合、
「整形地か変形地か」、「平坦か傾斜か」、
「南道路か北道路か」、「駅近か駅から遠いか」など、
その土地だけのデータや数字のみで判断することがあります。

そこに「暮すため」の土地探しなのに、
建物を建てることを考えず、データや数字のみで
土地の良し悪しを簡単に判断するのは危険です。

我々は、土地の価値を引き出すプランやアイデアをたくさん持っています。
相場より安く買える変形地や北道路にある土地でも、あなたが思い描く生活が実現できるのであれば、
それはとっても価値のある提案ではないでしょうか?

建築のプロと一緒に、土地探しから家づくりを考えていく事が、思い描いた住まいを実現させる近道です。
土地の価値を最大限に引き出すことで、賢く希望の住まいが建てられるのが「建築+不動産」の考え方です。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント