« 2021年03月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2020年05月26日

♪部屋とマスクと私♪

こんにちは!

最近、毎日マスクをして生活していることが
苦にならなくなってきたことでお馴染みの小寺です。

マスクしてると口元があつい・・・ですよね?

今年の夏はどうなるのか・・
暑くてマスクなどしてられない気がします。

さて、緊急事態宣言も解除され、
色々と段階的に自粛要請も解除されるようですが、
全面解除となった際、
私たちの生活はコロナ前に戻るのでしょうか?


”戻らないでしょうね!”

今現在も在宅ワークされている方もおられると思います。

今後、来るであろう第2波、3波に対する備えと
働き方改革も相まって、間違いなく私たちの働き方は
変わっていきます。

在宅ワークしている企業で何とか業務を
こなせている会社さんでは今後も全てではないかもしれませんが
在宅ワークを継続するでしょう!


ご自宅でお仕事をすることで、滞在時間が増えるということです。

今日はその際のお仕事時間とプライベート時間との
気持ちの切り替えについて建築的観点での
お話をしたいと思います。


 


【おうちとリモートワーク】

全国的に在宅勤務やリモートワークを行う人が一気に増えた。
社会人だけではなく、子供たちもリモート授業が始まって、
中にはたくさん宿題が出ることもあるようです。


リモートワーク、リモート授業の良い所は、
インターネットが繋がっていれば家中どこでも好きな場所で
仕事や勉強をすることができる所です。
通勤・通学もなく、集団にもならないので
コロナ対策にもなります。


一方で、プライベートの切り替えが難しい。
やる気スイッチがなかなか入らない。など、
普段リラックスして過ごしている自宅だからこその問題もあります。


自宅で仕事や勉強をする時は、
場所と作業を紐づけると良いです。


勉強は勉強部屋、
仕事は仕事部屋、というように
部屋で仕切ることができれば勿論良いのですが、
必ずしも部屋が確保できない場合もあるかと思います。


そんな時は、例えば、
リビングでは勉強をする、和室では休憩をする。
リビングのこの机では仕事をする、ソファでは休憩をする。
など出来る範囲の中で、メリハリをつけるのも有効です。


お父さんもお母さんもお子様も、家族全員が
家の中でそれぞれの仕事や勉強をすることは、
今回のウイルスが落ち着いても、働き方、学び方の1つの方法として、
定着していくかもしれないですね。


これから新築住宅やリフォームをお考えの際、
こんな設備はいかがでしょうか。


・お子様が家にいても声が入りにくい簡易防音の仕事部屋
・リビングに自然素材の勉強机
・ドアは仕事や勉強をしていても家族の顔が見える窓付き
・ロフトやサービスルーム、奥様の家事ルーム、中2階など、
家族がそれぞれ過ごせる空間を間取りにプラス



最近多いのは、リフォームでちょっと使っていないスペースに
フリースペースとして、カウンターテーブルをつけて、椅子を
置き、そこで、お仕事される方がいるそうです。


新築であれば、用意するのは簡単ですが、
リフォームで使っていないスペースなんて無いよなって方

一度ご相談ください。

案外、無いようであるんですよ!


弊社の注文住宅・リフォームでお客様のお困りごと解決いたします!
理想の住まいについて一度ご相談ください。

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

有限会社 小寺工務店
現場責任者 小寺 誠

kao.jpg

地元東久留米で生まれ、東久留米で育ち、東久留米でお仕事‼

どこの誰よりもこのエリアを
知り尽くいています。

このエリアの気候に合う
”我が家”をご提案いたします。

現場作業、図面作成、資金計画、土地相談などなど
”家づくりのトータルプロデューサー”として定評あり!
【資格】
二級建築士 一級技能士建築大工