« 2021年03月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2019年05月11日

土地探しで失敗しないために

 
 こんにちは!

GWも終わり、すっかり暑い日が続くようになりましたね。

お陰様でドンドン日焼けしております。でお馴染みの小寺です。


この連休中に建売を見に行ったり、住宅展示場へ行ったりされた方も
いらっしゃると思います。

家が欲しいと思うあまり、意識が家の方にばっかりいってしまい、
土地の事を調べようとしない方がいらっしゃるようなので、
今回は土地探しについて触れていきたいと思います。


家を建てる土地を探す際に、大切なポイントとして、
まず、「住むエリアを決める」

住むエリアが決まりましたら、今度は「住む土地」を探していきます。
その際のポイントはどのようなことでしょうか。


【土地の形】
住宅用に整形された土地と違い、変形した土地の場合、その近辺の土地の
相場よりも安い場合があります。
変形した土地とは、旗竿敷地(道路に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっており、
その奥に家の敷地がある形状の土地)や台形・多角形の敷地といったものです。

そういった土地は、ほかの優先順位の高い条件に当てはまったり、
家づくりで工夫したりすれば魅力的な場合もあるので、「変形土地だからダメ」と
除外するのではなく、建築屋さんに相談した方が良いでしょう。


【高低差のある土地】
同じ敷地内で高低差がある場合は分かりやすいですが、
敷地と道路、隣地との高低差も注意が必要です。

道路や隣地との間に高低差がある場合は、土を留めるための「よう壁」が必要になりますし、
古い「よう壁」がある場合は、造り替えたり、建物を「よう壁」から離して建てる必要があります。

また「よう壁」設置工事の際に土を掘り起こすので、
地盤調査の時に地盤補強が必要になる場合もあります。


【上下水道の引き込み】
水道や下水道が家の前の道路には通っていても敷地の中までは入ってきていない場合、
道路を掘って、つなぐ必要があります。
条件によって異なりますが、大きな金額が掛かることもあります。
引き込みが必要かどうかは確認しておきましょう。


【隣の家の状況】
隣の家までの距離や隣の家の高さを確認することで、
ある程度は敷地の日当たりなどの状況がわかります。

ただ、実際には建てるお家によって状況は変わりますし、
また将来的に変化する可能性もあるので、
細かい判断は建築屋さんに相談したほうが良いです。


【敷地の前の道路の幅】
車をお持ちで駐車スペースを作る場合、
敷地の前の道路の幅によって、駐車に支障がないか確認することが必要です。
また道路の幅に関しては、工事の時にも運搬車両が入れるかどうかで、建築費用にも影響がでます。
敷地まで入る道路の幅や、近くに工事用の車両を停めることができるかどうかも
お家の建築費用を考える上では見ておいた方が良いです。


【土地の歴史】
家を建てる場合には、基礎部分が非常に大切です。
しかし、さらに重要なのは、その家の基礎を支える地盤です。

そのため、その土地の地盤の強さを、できる範囲で調べておくことも大切です。
雨の日にその土地を見て、雨水の流れ具合を調べてみたり、
近隣の人に過去の災害のことを聞いてみたりしても良いでしょう。

過去の災害などについては、その土地の地名や、インターネットからも調べられます。
併せてハザードマップなども確認しておくと良いでしょう。


私が住む東久留米近郊で土地を探すとなると、
なかなか手ごろな価格の土地が少なく、
ある程度大きな土地区画が造成工事をしていても、
大体が建売住宅か、建築条件付きで出ていることが多いです。

建築条件なしの土地を見つけようとなると、
何かしらの事情があって、家を売って出て行って、売りに出されてるところがあります。
つまり土地から見つけて家を建てようということは、
周辺環境のコミュニティーが出来上がっているところに自分達が入っていくことになります。

長く暮らしていく土地なので、
安心して快適に過ごせるお家を建てられるよう、
念入りに調べておくことをお勧めします。

しかし、調べるにあたっては、専門的な知識が必要な場合もございますので、
私たちは、お客様と一緒に土地を見させていただくことも数多く行っています。



ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

有限会社 小寺工務店
現場責任者 小寺 誠

kao.jpg

地元東久留米で生まれ、東久留米で育ち、東久留米でお仕事‼

どこの誰よりもこのエリアを
知り尽くいています。

このエリアの気候に合う
”我が家”をご提案いたします。

現場作業、図面作成、資金計画、土地相談などなど
”家づくりのトータルプロデューサー”として定評あり!
【資格】
二級建築士 一級技能士建築大工