« 2021年03月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2019年01月12日

ゆ、ゆき!

寒空の中、凍えながら頑張っている皆さん、こんにちは!

毎朝布団の暖かさに負けて、中々起き上がれないことでお馴染みの小寺です。


今日、東京でも初雪を観測しましたね・・・


こう寒いと暖房もフル回転、

皆様のご自宅ではどのような暖房機器をお使いですか?


冬本番となり、朝起きると、家じゅうの窓が「結露だらけ」になっている
という経験をされた方も多いのではないでしょうか。


今回は暖房がもたらす「結露」についてお伝えしたいと思います。

改めて結露対策について考えるきっかけとなれば幸いです。


日本の冬の風物詩ともなってしまっている結露ですが
断熱材をしっかりと施工する事で同じ気候下でも
「全く結露しない」という声をたくさん頂戴しています。


結露した窓を拭くとき、サッシが黒くなっていませんでしょうか。
それは、カビです。


カビは埃と水分を利用して繁殖していきます。
そして、カビの発する胞子は、アレルギーを酷くしたり
呼吸器の健康被害をもたらします。

dani9.png
さらに、カビを餌に増殖していくのがダニです。
カビやダニが多く住みついてしまう…嫌なものです。


結露は、気温差が大きい場所に現れます。
窓に結露が付着しているのは、暖かい室内と寒い外気を
隔てているからです。

でもよく考えてみれば
室内と外気を隔てているのは、窓だけではありません。
「壁」も窓と同じ環境下にあります。
壁の中も窓と同様に、結露しています。

壁の中は見えません。
知らぬ間に結露を起こし、カビが生え、ダニが繁殖してしまいます。
さらに、壁の中に水分が溜まれば、躯体自体にカビが生え、
しまいには躯体の腐食を起こします。

エアコンや除湿機など、空調で湿度をコントロールする方法もありますが
壁内の結露を防ぐほどの効果は難しいものです。
電気代などのランニングコストも気になります。

当社では標準仕様ではグラスウールを使っていますが、
天然繊維でできた断熱材もご用意しております。


その名は「羊毛断熱材サーモウール🄬」

sa-mo.jpg

羊毛断熱材サーモウール🄬は、
「天然繊維のウールの力」と「独自技術のVFシステム」により、
他の断熱材にはない強力な調湿効果が特徴です。

断熱材で調湿をし、壁内の結露を防ぐ。
壁内だけでなく、部屋全体の調湿も行うので空気も快適。
それがサーモウール🄬の魅力です。

目に見える室内だけでなく、見えない壁内の調湿も考えて
家づくりをしていただけたらと思います。

特にアレルギーのあるご家庭様には大事なことだと思います。

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

有限会社 小寺工務店
現場責任者 小寺 誠

kao.jpg

地元東久留米で生まれ、東久留米で育ち、東久留米でお仕事‼

どこの誰よりもこのエリアを
知り尽くいています。

このエリアの気候に合う
”我が家”をご提案いたします。

現場作業、図面作成、資金計画、土地相談などなど
”家づくりのトータルプロデューサー”として定評あり!
【資格】
二級建築士 一級技能士建築大工